ホーム建材株式会社 ヤネフキ名人とは

ABOUT YANEFUKI MEIZIN ヤネフキ名人とは 対応可能なマットのバリエーション 一般工法 強風対策工法
side

ホーム建材株式会社のヤネフキ名人とは ?

ヤネフキ名人イメージ
瓦を飛ばさせない

瓦屋根は日本の街並みを語るのに欠かせない、1400年以上の歴史を持つ素晴らしい屋根工法です。しかし、予想もできない台風や地震という自然の力に対しては万全な工法はありませんでした。

「ヤネフキ名人」の直接工法は、耐風性能を従来の工法の2.5倍にアップすることが出来、激しい大型台風や大地震に対しても万全の備えとなることをお約束します。

外断熱効果がより快適な住まいを創る。

ヨーロッパの伝統的な”外断熱”が、自然な断熱方法として日本で注目されています。

日本の家は、気密性の高まりとともに”内断熱”が普及しました。しかし、内断熱構造は気密性が高いと結露を防ぐことが困難になります。

「ヤネフキ名人」は、発泡ポリスチレンを素材とする高耐久瓦屋根下地材。外からの熱を屋根面で防ぐ優れた外断熱効果を発揮して、四季の快適な住環境を提供します。

これらの住まいにはダンゼン外断熱。「ヤネフキ名人」は外断熱素材の採用に加え、自然環境にも工夫を凝らして屋根全体の高い通気性を確保、結露から住まいを守ります。

ホーム建材株式会社のヤネフキ名人の対応可能なマットのバリエーション

ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)断熱材について
性能

発泡プラスチック系断熟材のなかには、気泡内の気体(フロン類)によって熱伝導率を維持しているものもありますが、そのような断熱材は長期使用の間に気体(フロン類)が減少して熱的性能が低下することがあります。
ビーズ法ポリスチレンホーム(EPS)の熱伝導率は、気泡内の気体(フロン類)によつて熟伝導率を維持していませんので長期間でも熟伝導卒がほとんど変化しません。

シックハウスの主原因とされているホルムアルデヒド

建材用ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)は、原料製造時及び成型時にホルムアルデヒド・クロピリホスは使用しておらず、平成15年7月1日施工の改正建築基準法「シックハウス対策」でも規制対象となるホルムアルデヒド発散建築材料(17種)には、該当しません。 即ち、使用面積の制限を受けない建材(F☆☆☆☆等級相当)としてご利用頂けます。
また、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に新たに追加されたアセトアルデヒドもホルムアルデヒドと同様に原料製造時及び成型時に使用しておりません。

火気について

建材用ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)には通常、難燃剤を含有した原料が使用されているため、火源を取り除けばEPS単独では燃焼を継続しない性質を持っています。
(JIS A9511に規定されている燃焼性試験で、『火源を後退させると3秒以内に火が消える』グレードが使われています。〉
この様な性質は、「自己消火性」「難燃性」と呼ぶ場合があります。

※注意
建築基準法における、「不燃」「準不燃」「難燃」材料とは性質や使用法が異なりますので、ご注意ください。また、難燃剤が添加されていても、EPSはあくまでも可燃物であることに留意し、保管や施工(特に溶接作業)時を含めて、火気には十分気をつけてください。
ノンフロンイメージ
ノンフロン

ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)断熟材は、炭化水素系発泡剤を使用して発泡成型される発泡プラスチックです。発泡成形後のEPSは、気泡の内部が空気に置換されて安定します。
気泡内部が空気であるため、代替フロンなどを使用する断熱材に比べて、熟伝導率はやや大きくなりますが、オゾン層を破壊せず、地球温暖化係数が小さいとされている発泡剤を使用する、環境保全に配慮した発泡プラスチック断熱材です。

pagetop

ホーム建材株式会社

愛知県名古屋市名東区上社4-162

TEL:052-703-0611